尾道の「山本司法書士事務所」では、気軽に相談できる法律家として、債務整理・相続・商業・不動産登記などの法律相談を行ってます。

HOME 尾道市 司法書士 債務整理

債務整理 尾道市 司法書士 債務整理
任意整理・特定調停
個人再生・自己破産
相続/遺言 尾道市 司法書士 債務整理
相続・遺言について
商業登記/不動産登記 尾道市 司法書士 債務整理
商業登記・不動産登記について
概要 尾道市 司法書士 債務整理
事務所概要・地図
CONTACT 尾道市 司法書士 債務整理
相続/遺言 相続・遺言について
   相続・遺言について
HOME >> 相続・遺言について

相続問題とは?
相続問題とは?  不動産の所有者(持ち主)に相続が発生した場合、
 不動産の名義を変更(相続による所有権移転登記)する
 必要があります。

 被相続人(亡くなられた方)が不動産をお持ちの場合、
 被相続人の名義のままでは売却することや当該不動産を
 担保として借入することができません。

更に、相続人の中の何方かが亡くなられたりすると、相続人の数は更に増えることになり
相続手続きが一層困難になる可能性があります。
この様な困難な状況になる前に一度ご相談ください。

※ 相談業務は、司法書士法第三条に定めるものに限ります。

相続登記をしておかないと・・・・・
1.不動産を売却することができません。
2.担保を設定して借入れをすることができません。
3.長期間亡くなった方の名義で放置しておくと、続人が次第に増えて、
                                   手続が困難になります。

遺言について
遺言について  遺言は、愛するご家族への最後のメッセージであり、
 不必要な争いを防ぐための最も有効な手段です。

 せっかく残された遺言が、法定の要件を充たしていないため
 無効となってしまうケースも多々ありますので、
 専門家のアドバイスのもと作成、管理されるのが、
 最も良い方法だと考えます。

遺産分割協議書
 誰が誰の相続人となり、各相続人の“相続割合”はどの位なのか、
 といったことは、民法によって細かく規定されています。
 これを“法定相続分”といい、ご家族様がお亡くなりになったという事実によって、
 当然に法定相続分による相続は開始します。

 お亡くなりになった方が特に遺言等を遺されていなければ、
 相続人全員の話し合いによって、法定相続分とは異なる割合で
 相続をすることが可能です。
 この話し合いを“遺産分割協議”といい、これを後々まで明らかにするために
 文書に記したものを“遺産分割協議書”といいます。

 例えば、相続人の中のお一人が単独で不動産を相続するという
 取り決めがあった場合には、その内容に対応した遺産分割協議書を作成し、
 登記申請の際に添付しなければなりません。

お気軽にご相談・お問い合わせください。相談は解決への第一歩です!!「気軽に相談できる法律家」として、皆様のお問い合わせをお待ちしております。TEL:0848-23-7404

PAGE TOP

山本司法書士事務所のHOMEへ
【債務整理】
任意整理・特定調停個人再生・自己破産
【相続/遺言】
相続・遺言について
【商業登記/不動産登記】
商業登記・不動産登記について
【概要】
事務所概要・地図

尾道市 司法書士 山本司法書士事務所 ALL RIGHTS RESERVED.